•   
    リンクサイト
    日野市のホームページへ
    自民党東京都連のホームページへ
    日野市商工会のホームページへ
    日野市観光協会のホームページへ
    日野法人会のホームページへ
    日野青年会議所のホームページへ
  • 安倍総理にあらためて敬意と感謝申し上げます!

    残暑厳しい中、皆様におかれましては熱中症や新型コロナウイルスに気をつけながら日々お暮しのことと思います。
     残念ながら東京都発表の陽性者数は毎日多数にのぼります。23区内の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店では、朝5時から夜10時までの営業時間短縮の要請が延長され、9月1日から9月15日までとなりました。協力した店舗には感染拡大協力金として一事業者あたり一律15万円が支援されると言うことですが、東京都議会災害対策連絡調整本部会議(第21回)において、「15万円の根拠は?」と都議会自民党幹事長が質問したところ、「1日1万円」との答弁がなされました。では、「8月3日から31日までの感染拡大協力金が20万円なのに整合性がないのでは」と意見を申し上げたということです。都民の皆さんはどのように思いますか?
     また、都議会自民党では、「感染防止徹底ステッカーを掲示している店こそ通常営業が出来るのではないか」という意見もあります。また、「ステッカーの枚数ではなく申請受理件数を発表するべきではないか(1件の同じ店で2枚掲示すれば枚数2の計算)」という意見もあり私もその通りと考えます。

    ■公立病院経営の悪化に対して支援の拡充を都知事に要望

    さて、日野市立病院では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に対して東京都の要請により入院患者の受け入れを行っていますが、新型コロナウイルス感染症以外の患者の受入れに支障が生じ、大幅な収益の悪化を招いています。その額は4月から6月までの合計すると約7億2,726万円になります。東京都独自の新型コロナウィルス感染症患者受入医療機関臨時支援金は見込みで約4千万円と少なく、しかも補助期間は予算案を公表した令和2年7月9日から令和3年3月31日までと色々な財政支援におきましても4月から6月まではカウントされないようです。
     都議会自民党として公立病院経営の悪化に対して支援の拡充を都知事に要望すると聞いています。私もしっかり受け止め要請させて頂きます。

    ■安倍総理が辞意を表明

    安倍総理が持病の潰瘍性大腸炎の再発による体調不良のため、辞意を表明されました。長年にわたり総理として日本の舵取りを行ってこられました。改めて敬意を表するとともに感謝申し上げます。
     今後、どのような方法で自民党総裁が選出されるか8月31日の時点では分かりませんが、出来れば党員投票を含めた選出が私は望ましいと思います。しかし、現在のコロナ禍においては、党員投票を行わない選択も仕方がないと思います。次期総理には新型コロナウィルス感染症対策、経済対策、安全保障問題、憲法改正等多くの課題に積極的に取り組んで頂きたいと思います。
     最後に東京都議会第三回定例会は、9月11日告示、18日に議議案上程、29日に代表質問、30日に一般質問、10月8日に議案が審議され閉会の予定です。

    東京都議会議員 西野正人

    令和2年9月1日