東京都議会議員 東京都日野市選出 2021年の記事
令和3年第1回定例会本会議で初めて一般質問を行いました
2021年3月1日
 令和3年第1回定例会が2月17日(水曜日)から3月26日(金曜日)までの予定で開催されています。2月24日(水曜日)は、代表質問が行われ、自民党からは山﨑一輝幹事長が代表質問を行いました。 2月25日に、私は初めて一般質問をさせて頂きました。持ち時間は10分間で、以下の7つの内容について質問しました。
新型コロナウイルス感染症等、有事における多摩地域の保健所と市町村の協力について
 新型コロナウイルス感染症の第三波で感染者が急増した年末年始に、南多摩保健所からの応援要請に応え、日野市から4名の保健師が派遣研修として応援に行きましたが、その際の研修派遣の経費は派遣元の日野市負担でありました。「本来なら都の負担とすべきである」との意図の質問をしました。答弁は小池都知事から日野市の対応に対して感謝が述べられ、今後とも保健所と市町村とで緊密に意見交換を行うなど、一層の連携を図っていくという答弁がありました。
商店街の活性化について
 「コロナ禍でも取り組める商店街活動を促すことで、地域コミュニティの中核たる商店街を盛り立てていくべき」と言う質問をしました。産業労働局長から、来年度は、商店街が取り組むオンラインの強みを活かした情報発信や、密を分散化したイベント手法等を、事例集やセミナーを通じて幅広く周知していくとの答弁がありました。
地域の観光振興について
 「都内各地の観光振興を図るためには、地域の観光協会の活動に対する都の支援の充実が必要である」と言う質問に対して、オンラインの併用など新しい日常にも対応した都内各地の観光協会等の誘客に向けた取り組みを後押しし、地域の活性化につなげていく(産業労働局長)の答弁でした。
都市農業の振興について
 「都市農業における農業者の収益力向上に向けた支援について『稼げる農業』を支援するべき」と言う質問に対しては、来年度は、デジタル技術を活用した生産施設や、加工から流通・販売までの一体的な施設の整備など、更なる経営の向上に向けた支援を充実していく(産業労働局長)との答弁がありました。
日野市の橋梁整備について
 日野市と立川市を結ぶ、日野橋架け替え工事と仮称富士見四ツ谷橋の今後の取り組みについては、日野橋においては、来年度橋桁の架設工事に取り組むまた、仮称富士見四ツ谷橋においては、航空測量の成果を基に、引き続き、道路構造等について検討を重ねるとともに、関係機関との協議を進めて行く(建設局長)との答弁がありました。
多摩都市モノレール箱根ヶ崎方面及び町田方面への延伸にについて
 多摩都市モノレール箱根ヶ崎方面及び町田方面への延伸の事業化に向けては、沿線市町との連携が不可欠であり現在、収支採算性の確保について、沿線市町や運営会社と共に、連絡調整会議等において検討を進めている(東京都技監)との答弁がありました。
希少野生生物の保全について
 希少野生生物の保全について 「東京都の作成しているレッドリストは、すでに10年が経過しているため最新のレッドリストを作成し生育・生息情報を反映させるべき」と言う質問をしました。環境局長答弁として、東京都の保護上重要な野生生物種をリスト化した、いわゆるレッドリストや、その解説版であるレッドデータブックを10年ごとに見直してきた。現在、令和3年度公表に向けて見直し作業中である。レッドデータブックについても、今年度から見直し作業に着手しているという答弁がありました。

 今回の一般質問における答弁内容には引き続き関心を持ち、注意深く進行を見守り実現に向けてしっかり取り組んで行きます。
令和3年第1回定例会が始まります
2021年2月1日
 令和3年第1回定例会が2月17日水曜日から始まります。今議会においては2月25日か26日のどちらかの日に都議会議員として初めての一般質問を行います。質問時間は10分と短いですが、都政の問題また日野市内の問題を都議会議員の立場から質問をしたいと思います。質問は8問から10問を予定していますが、現在、担当局と質問内容についての現状調査や意見交換を行い準備しています。担当局との事前打ち合わせをするなと言う方もいると思いますが、都議会一般質問では、この準備作業がとても大事であり、施策展開につながることも多くあります。インターネットでも配信されますのでご覧頂けたらと思います。
都議会自民党がコロナ対策で小池都知事に緊急要望
 新型コロナウィールス感染症対策におきまして都議会自民党は小池都知事に緊急要望を行っています。なかなかマスコミには取り上げて頂けませんが、報告をさせて頂きます。

1月7日 国が緊急事態を宣言し。東京都が営業時間短縮などの緊急事態措置を行うにあたり、影響を受ける関連事業者への財政支援にも取り組むとともに、持続化給付金や雇用調整助成金などの支援の継続を国に要望するよう小池知事に緊急要望

1月15日 緊急事態宣言下における対策に関して、コロナ専門病院を設置するにあたっての入院患者の方々などへの配慮、歩行者天国の自粛など外出自粛につながる対策の実施、国による中小企業支援の継続などを要望またワクチン接種について意見交換

1月19日 ワクチン接種について緊急要望について、ワクチン接種に係る準備段階から接種終了さらに接種後のフォロー体制を含め、区市町村への支援、国及び医師会等関係機関との調整に万全を期す事について9項目の緊急要望

 今後も都議会自民党は都民の命と生活を守るために一丸となって新型コロナ感染症対策に取り組んで参ります。詳しくは都議会自民党のホームページをご覧ください。
都議会議員選挙の日程が発表されました!選挙投票日は7月4日
 東京都選挙管理委員会から7月に行われる任期満了に伴う都議会議員選挙の日程が発表されました。選挙投票日は7月4日(日曜日)で即日開票、告示日は6月25日(金曜日)です。自由民主党における公認候補は最終的に60名程度になります。日野選挙区においては私を含め現在3名が立候補を予定していると思われます。また、4月には日野市長選挙が行われますが、現在のところ現職市長をはじめ正式に立候補を表明している方はいません。この市長選挙は都議会議員選挙の前哨戦として位置づけられ結果が注目されます。また、同時に行われる日野市議会議員補欠選挙(定数2)も注目され、自由民主党としては公認候補を擁立したく候補者選定を進めているところです。
令和3年度予算案は15.2兆円─スウェーデンの14.6兆円を上回る規模!
 令和3年度予算案が発表されました。歳入歳出合計はそれぞれ7兆4,250億円で、前年度比1.0パーセント増(+710億円)です。この予算規模は、特別会計5.8兆円、公営企業会計1.9兆円をあわせると15.2兆円となり、スウェーデンの14.6兆円を上回る規模です。税収は5兆450億円を見込んでいますが、企業収益の悪化などによる法人二税の減少により約4,000億円の減少となります。多摩・島しょの振興には更なる魅力と活力の向上、持続的発展に向け、地域が持つ特性や課題に対応するために2,629億円が計上されています。今後、予算特別委員会において審議がされて行きます。
多摩川右岸の不適格堤防の築堤工事に予算が付きました
 国の第三次補正予算において、長年取り組んでいました多摩川右岸(立日橋上流、日野橋上流)の不適格堤防の築堤工事に予算が付きました。この工事の場所は東町土地区画整理も同時に行われていますが、この築堤工事が行われる事により日野本町6丁目地区の区画整理も進むことと思います。この地域にお住いの方より多くの陳情をお受けしていましたが、少しですがお役に立てたと思います。この事業においては、日野市と国とのパイプ役として頑張ってきましたので大変うれしく思っています。ご尽力を頂いた小田原きよし衆議院議員、国土交通大臣政務官 朝日健太郎参議院議員には心より感謝いたします。
令和3年を迎えて
2021年1月1日
 新しい年を迎え、皆様におかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。昨年、都議会に送って頂き、この間2回の臨時会と2回の定例会を経験させて頂きました。都議会の仕組みは市議会の仕組みと少し勝手が違い戸惑う事もありましたが、都議会自民党諸先輩のご指導のもと委員会等においても意見や質疑をさせて頂きました。また、新型コロナウィルスに係る酒類を提供する飲食店における営業時間短縮に対する協力金についての補正予算の審議では、会派を代表して4分間ではありましたが討論もさせて頂きました。
新型コロナ対策に市政・都政・国政の連携で取り組みます!
 昨年はコロナに始まりコロナで終わりましたが、本年も新型コロナウィルス感染症対策には、全力で取り組まなければなりません。ワクチン接種においても一日も早く出来るようにしなければなりません。また、厳しい経済状況下でご苦労されている飲食店や事業者に対しても経済対策をしっかり行わなければなりません。都議会議員として都政は勿論、市政においては大坪市長、国政においては小田原衆議院議員とも連携を取り、新型コロナウィルス対策を一層進めるために、皆様のご意見を賜り、皆様の声を都政に届けていきたいと思います。
日野市とPayPayとのコラボ企画を実施中!
 その様な状況下で日野市では、PayPay登録店で買い物・飲食をし、支払いをPayPayにて行うと30%のポイントが還元される事業が行われています。事業期間は1月一杯と聞いておりますが、現在「利用者が大変多い」とお聞きしています。是非ご利用いただき日野市内の経済活性化に寄与して頂ければ幸いです。
東京五輪を成功させよう!
 さて、本年は4月に日野市の舵取り役を決める市長選挙、7月には東京都議会議員選挙、10月末までには衆議院選挙が行われる予定です。皆様には誠にご迷惑をおかけすることもございますが、ご理解の程お願いします。また、本年に延期されました東京2020オリンピック・パラリンピックも開催される予定ですが、新型コロナウィルス感染症に十分な取り組みを行って頂き、「大変な状況下で開催された東京五輪は素晴らしい」と言って頂ける大会になればと思います。本当に大変な社会情勢の中ではありますが、皆様に於かれましては本年が実りのある年であるように祈念させて頂くとともに、健康維持に十分ご留意なされお過ごし頂けたらと思います。最後になりますが、本年も引き続き私の政治活動にご理解賜りますようお願い申し上げご挨拶とさせて頂きます。